交通事故後遺症

交 通 事 故 後 遺 症

当院では交通事故による、むち打ちの施術も行っております。交通事故の後遺症は、臨床上かなり多く、放置すると痛みや機能傷害から二次的傷害、たとえば、肩こりや腰痛などを起こすことがあります。早期のきちんとした施術と、症状が完治するまで施術される事をおすすめします。

交通事故は、一般的な怪我と異なり身体にかかる負担は非常に大きくなります。
これまでの臨床の結果、交通事故外傷の場合は強い衝撃によって痛みのある部分だけでなく、全身の骨格や筋肉バランスが崩れている場合が多いという事が分かりました。この状態では、これらの外傷に対してマッサージを受けているだけでは放置しているのとさほど変わらず、交通事故の後遺症を残してしまう可能性もあります。

交通事故外傷によって起こる発生頻度の多い症状をご紹介いたします。

車に乗っている時に起こる外傷例

  • 首の痛み(むち打ち)
  • 背中の痛み
  • 腰の痛み
  • 頭痛
  • 打撲症状
  • 骨折
  • 捻挫

歩いている時や自転車での外傷例

  • 骨折
  • 擦り傷
  • 打撲
  • 捻挫
  • 肉離れ
  • 首の痛み
  • 背中の痛み
  • 腰痛

もし交通事故にあったら

もし、交通事故に遭ってしまったら、以下の流れに沿って対応して下さい。 

 

加害者の住所、氏名、連絡先、自賠責保険の加入先を詳しく聞く。
医療機関で検査を受け、診断書をもらう。相手もしくは保険会社に施術を受ける病院、整骨院などを連絡する。
警察に事故届、診断書を提出する。 (自賠責保険を適用できません。)
病院へ通院しながら、あるいは病院から整骨院へ切り替えての通院が可能です。

 

 是非、ご相談下さい。

|   © 2017 ほぞの鍼灸整骨院.   |   ログイン |