トップページ > 中医学

中 医 学

中医学を一言で表すと『中国の伝統医学』です。アジア大陸に伝わる、アーユルヴェーダ(インド)・ユナニ医学(アラビア)・チベット医学など同じ“東洋医学”と分類されます。
中国では、中医学を専門に勉強する大学があり、この大学課程の終了者が中医師と呼ばれています。

中医学では、「未病先防」が重要視されています。総合的な診断をする事で、まだ病気として現れる以前でも、症状により施術を開始する事があります。
病気になる前に、未然に防ぐ…という考え方が基本にあるからです。

お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

め ま い

「めまい」は様々な症状を総称している。中医学では、目がくらむ、目がかすむ、ふわふわするなどの症状を「目眩」、また、頭がふらつく、周囲が回転したりゆれ動いて見え、ひどいと目を開けていられず、むかつきや吐き気を伴うなどの症状を「頭暈」といい、まとめて「眩暈」といいます。
脳の機能が異常になると「めまい」が起こる「めまい」は、脳や目、耳といった感覚器どうしの情報刺激の伝達がさまたげられたり、過剰に反応したり、情報刺激が不足することによって、全身の統一性が維持できない為、発生します。

お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

頭 通

頭痛は、日ごろ最もよくみられる症状のひとつです。脳の病気や外傷によって起こる頭痛の中には、命にかかわるものもありますが、たいていの頭痛は思いあたる原因がないのに起こることが多く、それだけに施術がおろそかになりがちです。

風邪や感染症、ストレスなどによる頭痛は、原因となる疾病が治癒すると自然に消失してしまい、繰り返したり慢性化することはありません。ただし、突然強烈な痛みに襲われ意識がはっきりしなくなったり、慢性の痛みが急に強くなったり、頭痛が頻繁に起こるようになるときは、脳卒中や脳腫瘍といった、命にかかわる病気がひそんでいる場合があるので、医師の診断を受けるほうがいいでしょう。

頭痛は我慢できないもの、お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

不妊症

今や夫婦10組に1組は不妊症で悩んでいると言われ、しかもそれが増える傾向にあります。不妊治療をすれば半年から1年で妊娠する人もいますが、長期間にわたり、なかなか子宝に恵まれないケースも多くあります。不妊症の治療期間は平均で6ヵ月にもおよぶそうですが、近年、飛躍的を遂げた西洋医学に加え、漢方施術も大きな成果をあげています。中国漢方では、身体本来のリズムとチカラを取り戻しながら、母体自体が妊娠できる力、妊娠を継続させる力の療法を持たせる不妊周期療法があります。

お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

ファスティング( 断 食)

英語で「Fast」というのは「断食する」という意味があり、その名詞形が「Fasting」です。
日本語では「断食」「絶食」を指しますが、絶食・断食といっても古くから民間療法として取り入れられている従来の断食とは異なり、野菜ジュースや補助食品などによりビタミンやミネラルを摂り日常生活に必要なエネルギーを摂取しながら行います。断食=ダイエットと捉えがちですが、一定期間、体の負担になるものを摂らないことで、老廃物を排除し、体をリフレッシュさせることを目的としています。
あなたがこれまで、深く考えずに食べてきたもの、嗜好のおもむくまま食べてきたもの、体にいいと誤解して食べてきたもの、それらがすべて今のあなたの体を作っているので、本来の正常な働きができる体とは、ほど遠い状態になっています。また、農薬や食品添加物などの有害物質や環境ホルモンも、あなたの体にたまっています。

まずは、それらを体から排除し、あなたが生まれたときから休みなく働き続けている、食道、胃、肝臓、十二指腸、大腸、膵臓(すいぞう)、胆嚢、腎臓などを休息させてあげましょう。

詳しくは、お気軽にご相談下さい。

|   © 2017 ほぞの鍼灸整骨院.   |   ログイン |